ホーム
製品情報
ソフトウェア受託開発
システム構築例
コラム
会社案内
お問合せ
  製品 > プリント基板穴明機 生産管理システム
 
 
       

プリント基板穴明機 生産管理システム

 

概 要

  プリント基板穴明機の生産管理を行うシステムで、稼働状況の可視化、ロット割当の効率化
により生産の合理化を行います。
基本機能は下記の通りです。
  1) 加工時間のシミュレーション
NC データより加工時間を予測します。
2) 加工予定管理
加工時間のシミュレーション結果を加工予定/進捗表示画面の穴明機各号機の
予定に投入します。
割当済み予定は他号機にドラックアンドドロップ操作で移動または分割できます。
3) 進捗管理
加工予定/進捗表示画面を時間の経過と共に時間軸をスライド表示します。
4) その他
加工予定、加工実績の印刷、ファイル出力を行います。
日立DNCシステムと連動機能
  日立DNCシステムと連動し、日立DNCシステムのモニター情報より加工開始情報を
取り込み進捗表示に反映します。
拡大

機 能

本システムの機能は以下の通りです。 
 
No   機 能   説      明
加工時間の
シミュレーション
NC データより穴明機(代表)毎に加工時間を計算します
NCデータはビアメカニクス社製CNCがサポートしている
日立、エクセロンのデータが使用できます
加工予定管理 1)加工時間シミュレーションの結果を加工予定に投入します
  加工予定/進捗表示画面の割当可能な穴明機の予定に
  暫定表示し、決定操作により特定の号機に投入します
  ※ 割当機械の諸条件で加工時間を再計算します
2)未着手の予定はドラッグ&ドロップ操作により割当可能な
  穴明機の任意の位置へ移動または加工分割できます
  ※ 割当機械の諸条件で加工時間を再計算します
3)穴明機点検/修理/休日による停止予定の入力、表示が
  できます
4)稼働軸数入力(故障等)により予定時間を可変できます
  (未着手予定のみ)
5)メモ情報の入力、表示ができます(故障中 等)
進捗管理 1)加工予定/進捗表示画面を時間の経過と共に時間軸をスライド
  表示します
2)開始/完了の手動/自動は切替できます
3)日立DNCシステムと連動する仕様の場合、DNCのモニター情報
  より進捗情報を更新します
  ※ 実加工順に予定との差異が発生した場合は、自動追越
    処理します
その他 1)加工予定/加工実績を集計し印字(ファイル出力)します
2)進捗状況表示画面相当の情報をファイル出力します
3)ユーザ登録、権利設定により操作可能な項目を制限できます

画 面

起動時の画面
  拡大
シミュレーション画面
加工のシミュレーション、シミュレーション結果の加工予定への入力を行います。

必要事項を入力し、「シミュレーション実行」でNCデータを読み込み加工時間を
計算して表示します。
「加工予定入力」でチェックした回転数の全部の機械の加工予定画面にシミュレーション
結果を積み増して点滅表示します。
点滅している加工予定のどれか1つをクリックするとその機械の加工予定に決定します。
加工予定の移動、加工分割操作
加工を開始していない加工予定はドラックアンドドロップ操作で加工可能な機械の任意の
位置に移動または加工分割出来ます。

この時ドロップ先の機械の条件で再度シュミレーションを行ない加工時間を決定します。
スケジュール入力画面
点検等のスケジュールを入力します。
開始時間の時間に既に加工予定があった場合はその予定以降を後ろにずらします。

システム構成


                図1 システム構成図
 
No 構成要素名   説      明
ファイルサーバ

(日立DNC
  システム
   サーバ)
運用中のNCデータ、本システムの設定データ、進捗データ等を
保存する24Hr稼働のファイルサーバ
本システムの状態監視処理はこのサーバで動作し、進捗データを
更新します
日立DNCシステム連動時は機械のモニター情報を保存し、
この情報を監視して進捗データを更新します
パソコン 本システムの入力/閲覧を行うパソコン
最大10台まで増設可能

販売元

ステラ株式会社 電子機材部