ホーム
製品情報
ソフトウェア受託開発
システム構築例
コラム
会社案内
お問合せ
  製品 > NCデータ変換ソフト EXConvNC
 
 
       

NCデータ変換ソフト EXConvNC

 

概要

  本ソフトは、プリント基板穴明機、プリント基板外形加工機用NCパートプログラムを読み込み、
ガーバーデータファイル、DXFファイルに変換します。
入力できるNCパートプログラムは、ビアメカニクス社製CNCがサポートしている日立、
エクセロンの機能をサポートします。
 

入力NCパートプログラム

NCパートプログラムは、ビアメカニクス社製CNCがサポートしている日立、エクセロンの
データが使用できます。
  (1)工具番号    −− T1~9999    (2)サブプロ数   −− 500
  (3)穴数      −− 10,000,000   (4)移動データ数  −− 3,000,000 以上
NCパートプログラムは、以下の設定を行うことが出来ます。
 
共通 フォーマット選択 NCデータのフォーマットを選択します。
(1) 自動判定     (2) 日立 フォーマット
(3) エクセロン フォーマット 1 (4) エクセロン フォーマット 2
入力データパス NCデータの読み込みフォルダを設定します。
 参照ボタンで選択できます。
拡張子 NCデータの拡張子を設定します。
結果の表示 NCデータの読み込み結果の表示を選択します。
(1) 表示しない (2)自動判定時表示 (3) 全て表示
日立 単位 入力単位を選択します。
(1) 0.001 mm (2) 0.01 mm (3) 0.0001 inch
移動モード 移動モードを選択します。
データ中にG90/G91がない場合必要です。
アクシスバージョン データを出力する際にデータ座標軸のデータ変換を行ないます。
エクセロン 単位 入力単位を選択します。
(1) METRIC,LZ,0000.00 (2) METRIC,LZ,000.00
(3) METRIC,LZ,000.000 (4) METRIC,TZ,0000.00
(5) METRIC,TZ,000.00 (6) METRIC,TZ,000.000
(7) INCH,LZ(,00.0000) (8) INCH,TZ(,00.0000)
移動モード 移動モードを選択します。(通常 G90 です)
アクシスバージョン データを出力する際にデータ座標軸のデータ変換を行ないます。
工具 工具径 工具番号に対応する工具径を設定します。
 ※工具径優先順位: ヘッダ−工具径設定−デフォルト工具径
デフォルト工具径 工具径の指定がない場合の工具径を設定します。

ガーバーデータ出力

ガーバーデータとして (1) RS-274D (2) RS-274X (3) RS-274X(AD除く) のデータを出力
します。
RS274X ヘッダは以下のデータを出力します。
 
No パラメータ 機能 書式
1 FS Format statement %FS<L or T><A or I><Xn><Yn>*%
2 MO Mode (inch or millimeter units) %MO<IN or MM>*%
3 AD Aperture Description %ADD<D-code><aperture type>,
<modifier>*%
   注)RS-274X(AD除く) を選択した場合、AD は出力しません。
ガーバーデータは、以下の設定を行うことが出来ます。
 
フォーマット フォーマットを選択します。
(1) RS-274D (2) RS-274X (3) RS-274X(AD除く)
単位系 単位系を選択します。(METRIC/INCH)
設定単位 全体の桁数(m)、小数点以下の桁数(n)を設定します。
改行出力 改行コードを選択します。 (1) C/R,L/F (2) L/F (3) なし
座標 G90(アブソ)、G91(インクリ)を設定します。
EOB エンドオブブロックコードを設定します。
ゼロ省略 ゼロの省略方法を選択します。 (1) なし (2) LEADING (3) TRAILING
アパーチャ NCデータの工具番号とアパーチャ番号の対応方法を選択します。
(1) T1 - D10 対応 (2) T1 - Dn 指定 (3) 変換ファイル
Dn 指定 アパーチャ=T1 - Dn 指定 とした場合の T1 に対応させる D番号を設定します。
データパス ガーバーデータの書き込みフォルダを設定します。
拡張子 ガーバーデータの拡張子を設定します。
ファイル名 自動をチェックした場合、出力ファイルを自動決定します。
設定されたデータパス+入力NCデータファイル名+設定された拡張子

DXFファイル出力

下記の仕様のDFXファイルを出力します。
  (1)バージョン  −− Release 12J相当   (2)単位     −− mm/inchi 選択
(3)画層(Layer) −− 設定(デフォルト 0) (4)色      −− 設定
(5)線種     −− 実線固定 (6)変換エンティティ(Entities)
     ※ Entities はLINE(線分), POINT(点), CIRCLE(円), ARC(円弧)
DXFファイルは、以下の設定を行うことが出来ます。
 
単位系 単位系を選択します。(METRIC/INCH)
データパス DXFファイルの書き込みフォルダを設定します。
ファイル名 自動をチェックした場合、出力ファイルを自動決定します。
設定されたデータパス+入力NCデータファイル名+拡張子 .dxf
スロット・サークル 外形に変換をチェックした場合、スロット、サークルの外形図形に変換します。
レイヤー名 レイヤー名を設定します。
設定無しの場合はレイヤー名「0」に変換します。
表示色を選択します。
1:赤(Red)   2:黄色(Yellow)   3:緑(Green   4:水色(Cyan)
5:青(Blue)  6:紫(Magenta)   7:白(White)

動作環境

本システムの動作環境として下記が必要です。
 
OS Windows 2000, XP
CPU Intel Pentiumプロセッサ以上 500M以上
メモリ 512M以上
ディスプレイ SVGA(800x640)以上
USBポート プロテクタを取り付けるために必須
 ※本ソフトはプロテクタ(SENTINEL SuperPro)を装着した状態
  でないと動作しません。

販売元

ステラ株式会社 電子機材部